御在所岳の植樹(企業の森編)

企業の森

(5500本の植樹を目指して)

こんにちは森林の風事務局です。
さて、鈴鹿国定公園制定50周年を記念してGOGO植樹と銘打って5500本の植樹を目指していましたが、
50周年を過ぎても未だ道半ばの状態です。しかし、その事業は今でも三十三銀行さんによって引き継がれ
毎年、同行の行員とその家族が御在所岳を訪れ、苗木を植樹しています。

三十三銀行の行員とその家族による植樹風景
植樹場所は、かもしかセンター跡地

(過酷な植樹場所・・)

この活動は平成23年から毎年、欠かさず行われてきましたが、令和2年は新型コロナウイルスの影響で行員と家族の参加は見送られました。 代わって当団体がミズナラとドウダンツツジの苗木50本を植樹することになりました。

今回の植樹場所は御在所ロープウェイから2018年にリニューアルオープンした展望レストラン
「ナチュール」横の南東斜面でと要望が入りました。

立っているのがやっとの急斜面です。

この場所は旧レストラン「アゼリア」を取壊す際に出た廃材をチップにし、それを敷き詰めた
場所で植樹するには決して状態はよくありませんでした。

廃材チップの層は厚く下部はガレキでした。

そこで、高速道路の植樹施行にも使用される「植栽パック」なるものを採用しました。
これはパック内にたい肥を配合した人工土壌が充填されており設置場所も選ばない優れものです。

植樹する苗木はドングリから育てた地域性苗木のミズナラです。
もちろん、設置する周辺は深堀して土壌改良を行います。
当団体では、環境下に適した新たな技術や施業方法も積極的に取り込んでいます。

(シカの食害・・)

しかし、植樹作業が終わりしばらくネットをかけずにいたら・・・


あっという間に、このような状態になってしまいました・・

ほとんどシカに食べられてしまいました。(シカの展望レストランになってしまいました・・)

現在は植樹をはじめからやり直して防鹿柵も設置して安定しています。

防鹿柵も張りました。

今回はこの辺りでお終いです。

カテゴリー